劇研アクターズラボ 高槻公演クラス 参加者募集

20191028_210638413.jpg

劇研アクターズラボはNPO劇研が主催する総合的な演劇研修の場です。今回あらためて募集するクラスは、すでに動き出している「公演クラス」です。1年かけて1本の作品を創作予定です。「公演クラス」には演劇初心者の方から本格的に取り組みたい方まで、様々な方にご参加いただいています。現在「伊藤拓也クラス」には、5名の方にご参加いただいていますが、残念ながらこのままでは2020年1月末で終了となってしまいます。「公演クラス」の維持には最低でも8名の参加者が必要なのです。12月、1月と行なっている火曜日夜の稽古見学も可能です。 多様な仲間と経験豊富な演出家とともに、充実した演劇生活をはじめてみませんか? この貴重な機会にぜひ、新たな挑戦に足を踏み出してください。ご応募、心よりお待ちしております。

《日程》    2019年12月から開講中
        毎週火曜日19:00〜21:30 ※2020年9月から公演までは週2回(火曜、木曜)の予定

《公演》    2020年11月7、8日を予定 

《会場》    《高槻現代劇場》〒569-0077  大阪府高槻市野見町2-33

《指導/演出》 伊藤拓也

《受講料》   入所金/5000円(税込) 月額10000円(税込) ※受講料にも公演積立金を含む

《応募条件》  心身ともに健康な16歳以上の方 ※18歳未満の方は、保護者の承諾が必要

《開講人数》  8名以上 ※現在5名の方が参加中

《応募締め切り》2020年1月27日(月)


《お問い合わせ/お申込み》
NPO劇研 アクターズラボ担当
Tel:080-1485-6805(9:30〜17:30日曜を除く)
Mail:labo@gekken.net
メールでお申込みの場合は、件名に「説明会申し込み」とご記入の上、お名前、連絡の取れる電話番号をお書きの上、送信して下さい。2日経っても返信がない場合はお手数ですが電話でご確認ください。


ラボの様子はこちらからどうぞ!

指導・演出

伊藤 拓也 (いとう たくや) プロフィール
1980年生まれ。岐阜県出身。演出家。2004年から2010年までFrance_panという劇団を主宰。
2010年以降、小さな集まりとして『味覚鍛錬の会』、『平日は妻と英語』などの私的なワーク
ショップを行い、手の届く範囲で「劇」との邂逅を望む。
昨今は、社会的課題に取り組む演劇の使い方に強い関心を持ち、アートと福祉、人や社会の記憶、
行為の再現性などをテーマにした創作も行う。


ITO TAKUYA.JPG

演劇経験の有無は問いません。新鮮に出会えればどなたでも嬉しいです。
企画の性格上、コメントを二つに分けてみました。でもどちらも読めます。
多くのいろいろな方のご参加、心よりお待ちしています。
                                      伊藤拓也


経験がない方へ
 こんにちは。皆さんは演劇にどういったイメージを持たれていますか。声を大きく出して、人が大きく動くような舞台を想像していますか。当然ながら、演劇の形態は多様です。大きな声を出すものもあれば、小声でぼそぼそ話すもの、一言も話さないもの、人が全く出てこない演劇だってあります。それぞれにそれぞれの良さがあります。
 私は今回新たに集まった皆さんと一緒に、演劇の良さを新たに見つけたいと思います。演劇は人の集まりです。 演劇の良さを見つけるとは、人の良さを見つけることでもあります。 誰か一緒に探す方が一人で探すよりも多くの良さが見つかるでしょう。
 募集文に少し反するかもしれませんが、観客を楽しませる前に、まずは自分が自分を楽しんでください。その時その場の集まりを十分に味わってください。できれば集まりを使ってください。人の集まりは、人の日常を豊かにします。ご参加お待ちしております。


経験がある方へ
 こんばんは。皆さんは劇団にどういったイメージを持たれていますか。私はかつて劇団を主宰していました。大学時代も含め、それは10年ほど続きました。私が台本を書き、台本通りに出演者が演じる形態でしたが、活動が大きくなるにつれ、私は台本よりも舞台に立つ人の存在に関心を抱くようになりました。 その人はどんな人生を歩んできて、どんな気持ちでいま舞台に立っているのか。 演劇に臨む人の内面に興味を持った私は、劇団を維持すべきどうかわからなくなりました。当時の私は、俳優とのコンセンサスの取り方もわからず、権威主義的に振る舞うだけの浅はかな演出でした。それでも残ってくれた人たちもいましたが、彼らの期待に答えることもできず、劇団2010年11月の上演を最後に無くなりました。
 2019年12月より高槻にて新たな集まりが始まります。約1年を通じて練習を行い、2020年11月に上演予定ですが、私は上演以上に、どんな集まりになるかに関心があります。演劇は人の集まりです。集まりにより演劇は変わります。同様の関心をお持ちの方、是非ご参加ください。伸び代はいつだってあります。

過去の公演クラスの稽古風景

IMG_3053.JPGIMG_2171.JPGIMG_2257.JPGIMG_1621.JPG