公演情報

ユバチ#2 点と線  公演終了しました!ご来場ありがとうございました!

パフォーマー自らが創造する「活きた舞台作品」

歩き、止まり、触れて、見て、感じて、そうやって点を打ち、線を引くように舞台を作ろう。それらを紡いでいく先に。
私たちは、既存の戯曲に出演するのではなく、俳優自らの創作によって劇を作ろうとしています。田中史明氏の指導のもと、多くの試行錯誤を重ね全員で一つの作品を編んだ前作を経て、今作はメンバーそれぞれが自身の志向・創造性を問うた作品を上演します。


[指導・構成]田中史明[演出]ユバチ

[出演]菅一馬 前田愛美 柳泰葉 飯坂美鶴妃 オガワアキヒロ 澤雅展 ザキ有馬

👉出演者プロフィールはこちら


[公演日時]2017年2月21日(火)19時 / 22日(水)14時(*受付開始開演の30分前・開場は開演の15分前)
[場所]アトリエ劇研

161222_ユバチ第二回公演_チラシ_表.png

世界に視野を開く、地域の演劇リーダー育成プログラム

ユバチ#2  点と線

料金 

予約1,500(当日窓口にて精算)  
当日1,800(残席ある場合のみ発券)


文化庁委託事業
「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、特定非営利活動法人劇研
制作:特定非営利活動法人劇研
協力:シバイエンジン


チケット予約

前売り券は発券せず、すべて予約にて承ります。
チケットは当日受付にて精算、お渡しとなります。(当日券は残席がある場合に発券します。)

予約はこちら

もしくは

e-mail
labo・gekken.net
(・を@に変更して送信ください)
件名:「ユバチ チケット予約」
本文: お名前/電話番号/来場日時

tel
080-1485-6805(制作担当 10:00-17:00)

身体表現の可能性を伸ばし、世界と渡り合える表現力・創造力の獲得を目指して
公募・選考を経てここに集まった若き演劇創作者7名による作品の上演。👉若手俳優育成プログラム

昨年度は田中史明氏指導のもと、デバイジングという創作手法を使い、メンバー全員で一つの作品を生み出した。今年度はさらに個人がそれぞれに作品を追求していくことに重きを置き、その創造性、焦点について田中史明氏が助言しながら創作した。


《チーム名「ユバチ」とは》
我々がよく行うワークの際、イメージの共有のためよく用いられる言葉「天井からオイルが落ちてくる」に由来。
油鉢。その器の中でメンバーが混ざり合い、高め合い成長していけるよう願い名付けられた。

スタッフ

舞台監督 脇田友
  音響 森永キョロ
  照明 長井佑樹 @Kyoto.Lighting
  宣伝美術 渋革まろん
  制作 杉山準




2016年度参加者募集中→2016年度の募集は終了しました。

昨年度に引き続き田中史明さんを講師に招き、デバイジング手法を用いた創作と公演を行います。
各種の貴重なワークショップを共有し、2017年2月21日、22日に行われる公演に参加するメンバーを新たに募集します。
希望者はこちらの要項をお読みいただき、参加申し込みをした上で5月に行われるワークショップオーディションを受講してください。
 今年度はワークショップのみ受講できる枠を設けています(公演創作および公演には参加できません)。ワークショップのみ受講者は年齢制限は設けません。
 *受講希望者は書類により選考させていただきます。

講師紹介

田中史明(ディバイジング−創作/イギリス)

アメリカ、シアトルの芸術大学コーニッシュ・カレッジ・オブ・ザ・アーツで、スタニスラフスキー・システムをベースにしたクラッシックな演技と共に、創作や身体表現を学ぶ。卒業後渡英して、ロンドン大学ロイヤル・ハロウェー校及びサリー大学両校大学院で、英国初のフィジカル・シアターのコースを専攻。修士所得後、心身のトレーニングの研究を深める為に、アレクサンダー・テクニークの教師養成学校に入学し、故ショシャナ・カミニッツ氏に師事。3年間のトレーニングを修了して、アレクサンダー・テクニークの教師資格を所得。卒業後は、ロンドンのエセックス大学付属EAST15演劇学校、ダーティングトン芸術大学、プリモス大学等でムーブメントや劇の創作等の講師を務める。

2004年から、ルドル・フラバンの弟子ヴァリ・マイアー氏から個人レッスンを定期的に受け始める。2006年に、ラバンの講師養成コースに招待され、1年間のトレーニングを受ける。トリニティー・ラバン大学元学長でラバンの弟子でもある、故マリオン・ノース氏に師事し、ラバンの教授法等の個人指導を受ける。2010年には、トリニティー・ラバン大学で、コリオロジカル・スタディーのディプロマ・コースに招かれ、ラバンの権威バラリー・プレストン・ダンロップ氏等に師事し、ラバンの理解をいっそう深める。

2014年から2016年春まで日本に一時帰国。綾部市の過疎地を拠点に、地域振興の活動と共に劇研アクターズラボのスキルアップコースで講師を務める。2016年に活動拠点であるイギリスに戻る。

tanakafumiaki.jpg

公演情報


2015年度受講生によるユニット「ユバチ」の公演は無事終了しました!
ご来場いただいたみなさま,本当にありがとうございました!!
このワークショップはここで終わりではなく,まだ続きます。
メンバー一同これからもお客様に感動を与えられるよう,より一層頑張ってまいります。
ひきつづき試練に挑む若い役者たちへの応援をよろしくお願いいたします。


身体表現の可能性を伸ばし、世界と渡り合える表現力・創造力の獲得を目指して
公募・選考を経てここに集まった若手俳優8名による作品の上演。👉若手俳優育成プログラム

創作にあたっては、本場イギリスの大学で演劇を教えていた田中史明氏のワークショップで学んだ手法を使い、
身体表現と即興演技によってシーンを構築した。

作品のテーマは「つながる」

《チーム名「ユバチ」とは》
関西を中心に、各々のフィールドで活躍する若手俳優8人が集い、1月の作品上演を目指す団体。
団体名は我々がよく行うワークの際、イメージの共有のためよく用いられる言葉「天井からオイルが落ちてくる」に由来する。
油鉢。その器の中でメンバー8人が混ざり合い、高め合い成長していけるよう願い名付けられた。



[指導・構成]田中史明   [作]ユバチ

[出演]菅一馬 前田愛美 柳泰葉 飯坂美鶴妃 オガワアキヒロ 澤雅展 ザキ有馬 佐々木峻一

👉出演者プロフィールはこちら


[公演日時]2016年1月16日(土)17時 * 17日(日)13時 / 16時(*受付開始・開場は開演の30分前)
[場所]アトリエ劇研

20151202ユバチ-1.jpg20151202ユバチ-1.jpg
20151202ユバチ-2.jpg20151202ユバチ-2.jpg

スタッフ

舞台監督 下野優希/いがぐりデザイン
  音響 森永キョロ
  照明 長井佑樹 @Kyoto.Lighting
  宣伝美術 脇田友
  企画・制作 杉山準/特定非営利活動法人劇研

世界に視野を開く、地域の演劇リーダー育成プログラム

ユバチ 公演  Re.connect

料金 

予約1,000(当日窓口にて精算)  
当日1,300(残席ある場合のみ発券)


文化庁委託事業
「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、特定非営利活動法人劇研
制作:特定非営利活動法人劇研
協力:シバイエンジン


チケット予約

前売り券は発券せず、すべて予約にて承ります。
チケットは当日受付にて精算、お渡しとなります。(当日券は残席がある場合に発券します。)

予約はこちら

もしくは

e-mail
labo・gekken.net
(・を@に変更して送信ください)
件名:「ユバチ チケット予約」
本文: お名前/電話番号/来場日時

tel
075-791-1966(アトリエ劇研 9:00-17:00)

クラス情報

[チーム名]ユバチ(2016年度若手俳優育成プログラム参加メンバーで構成)
[所属人数]7
[開講日]2017年新規参加者募集は2017年5月頃発表予定

活動予定
2016年度発表公演・2017年2月21日、 22日

若手俳優養成プログラム
(劇研担当者による稽古場プログです)

主催:特定非営利活動法人劇研
お問合せ
劇研アクターズラボ 
e-mail labo@gekken.net


facebook.jpgfacebook.jpg